テコンドーとは

崔泓熙
テコンドーは1955年4月11日に故・崔泓熙(チェ・ホンヒ)氏によって、氏が戦時中に日本で学んだ松濤館流空手をベースに現代科学の原理を加え、研究開発されて生まれた近代武道です。
理論的に体系化されている格闘技のため誰にでも学びやすく、競技以外でも護身術としての一面や、 ストレッチを繰り返すことで健康増進やストレス解消、ダイエット効果など、年齢、性別問わず世界中で幅広い層に支持されています。

テコンドーは漢字で『跆拳道』と書き、それぞれに意味があります。

 跆…跳ぶ、蹴るなどの足による攻撃
 拳…突く、叩く、貫くなどの手による攻撃
 道…礼に始まり礼に終わる人の道

2つのテコンドー

もともとテコンドーは一つだったのですが、創始者が韓国からカナダに亡命された事をきっかけに組織が分かれ、現在は
・ITF(国際テコンドー連盟)
・WTF(世界テコンドー連盟)
の2つの団体があります。
2000年のシドニーオリンピックから正式種目として認定されたのはWTFのテコンドーです。
ITFテコンドーは武道の色が強く、WTFテコンドーはスポーツ色が強いという特徴があります。
浜松ITFテコンドークラブはITFに所属しています。

テコンドー精神

テコンドー精神
禮 儀(れいぎ)
目上の人を敬い、人の行う禮の道。
廉 耻(れんち)
心清らかで、恥を知る心のあること。
忍 耐(にんたい)
耐え忍ぶこと。苦しくてもじっと我慢できる強い精神。
克 己(こっき)
己に勝つこと。自分の欲望に打ち勝つ精神。
百折不屈(ひゃくせつふくつ)
幾度挫折しそうになっても決して屈しない精神。

テコンドーの競技

テコンドーの競技は、トゥル(型)、マッソギ(組手)、トゥッキ(特技:スペシャルテクニック)、ウィリョク(威力:パワーブレイキング)の4つがあります。

トゥル(型)

トゥルは全部で24種類あり、基本動作が組み込まれて作られています。
試合は段・級ごとにクラスが分かれて行われます。
トゥルの試合は1対1の個人戦と団体戦で行うものがあり、技の正確性、力強さ、バランス、リズム、呼吸、芸術的な美しさ等 (団体ではチームワーク、プレゼンテーション)を総合的に判定し、勝敗を決めます。

マッソギ(組手)

マッソギは手と足に防具(女子、有級者は面および胴を着用)を付け、ライトコンタクトによるポイント制で行われ、制限時間内に獲得したポイント数を競い合います。
マッソギでは体重別に階級が分かれて試合が行われます。

トゥッキ(スペシャルテクニック)

より高く、またはより遠くの板を跳び蹴りで競い合い、一番高い(遠い)距離の板を割った選手が優勝となります。 バネと柔軟性、さらに技の正確さが最も要求される競技であり、またテコンドーの醍醐味である華麗な跳び蹴りを堪能することができます。

ウィリョク(パワーブレイキング)

指定された手技、足技で板、またはプラスチック製のパワーボードを割った合計枚数を競います。
技の力強さはもちろんですが、打点の正確性、距離感などが正否を大きく左右し、手技、そして足技と、総合的な威力を競い、武道の持つ『一撃』が確かめられる競技です。